Arca ex machina -カラクリ箱舟-

熱帯魚とゲーム話と日記のブログ。 30センチの箱舟は仲間を増やしつつ航海中。(でもメンバーは淡水魚w)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

本水槽入りしました!

長らくサブタンク生活だったチビタティア2匹を、先週本水槽入りさせました!

タティア♀
タティア女の子。
背びれ、たたんでしまっていますが(おとこのこに激しく土管から追い出されてぐったり)うちに来た当初背びれの一部がぽっかり齧られたみたいになくなってたのは完全に直りました。

タティア♂
タティア男の子。

二匹とも一回り大きくなりました。

ちなみに↓は導入当初の2匹です。
女の子
男の子
トリメン期間を終えて、ふっくらしたのがわかります。
特に女の子!
今見るとやばいくらいにげっそりですね…。(よく見ると胸鰭も切れています)

ショップではかなり多数、しかも他の種類も混在で入っていたのでゴハンがちゃんといきわたっていなかったのかも。
タティアって食事の前後はやや凶暴で、相手に噛み付くこともあります。


ちなみに…女の子はカラムナリスでした…orz
忙しさを理由に水替えと観察を2日ほどサボったとたん一気に進行。男の子も発症。
(私のあほー…、まあ、そのうち一日は会社に泊まりこんでたので帰りたくても帰れなかったのですが…)

症状は
 ・ひれが溶け始めた

気付いた限りこれだけです。食欲は普通。体色も特に落ちることなく、呼吸もとくに変わりなし。(もともとタティアって呼吸速いですよね…)充血などもなかたのでカラムナリスだと判断して治療開始。

2日間、0.5%⇒1%の塩浴で様子を見て進行が止まらなかったので薬浴に切り替えました。
初日に規定量の1/3。問題なさそうだったの翌日念のため1/2までアップ。
この段階で進行が止まったのでその後、水換えとそれに対する薬の再投入を繰り返して4日ほどで回復し始めました。
念のため5日目までは薬の調整を行って、それ以降はかけておいた布もとり、水換えで薬が抜けるのに任せました。
これと同時にあれだけ直らなかった女の子の背びれも完治です。

それにしても、薬浴中は絶食していたのですが、食欲はまったく落ちませんでした…^^;
様子を見るために布をめくっても、ゴハンタイムだと思って水面に上がってきて大暴れでした。


ところで、今回散々迷ってグリーンFゴールドリキッドを使用したのですが、完治した今でもこの薬で正しかったのかイマイチ自信がありません。

というのも、大抵カラムナリスには、って調べて出てくるのはグリーンFゴールド顆粒、ですよね?
グリーンFゴールドリキッドには大抵エロモナスが上がってきます。
それでもリキッドにしたのは、対カラムナリスにと書いてあるところもあることと、お店の人にも聞いて大丈夫とアドバイスをもらったため。
ある意味一番の決め手が投入量の調整がしやすいことでした。

結果的には完治したのですが、これの箱に書いてあるのがエロモナスだけってことが未だに引っかかっています。
実際のところ、どうなんでしょう…?


薬って、すごいけどやっぱり難しいです…
にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログへ FC2ブログランキング(青白バナー
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

航海日誌(アクア日記) | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<桜のアイス | HOME | クローバーフィールド>>

この記事のコメント

完治されたとのこと、良かったです。
病気は、本当にその病気なのかどうかが判定しづらいですよね・・・
薬浴するにも、あってるのかどうかわからないし、、、

にしても、模様が面白い熱帯魚ですねー
白黒で牛みたいな感じですね。
2008-04-28 Mon 22:31 | URL | チェルノ #HfMzn2gY[ 編集]
難しいですよね…!
出さないのが一番なんですが、病気を出してしまったあとは自分の判断にゆだねられるのかと思うとかなりプレッシャーが。

タティア面白いですよね♪
みんな柄が違ったりするので見ていてあきません。
ちなみに、本当に白黒の「ホルスタインタティア」っていう種類もいますよw
2008-04-29 Tue 17:28 | URL | ユージカ #TD2O7UB2[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。