Arca ex machina -カラクリ箱舟-

熱帯魚とゲーム話と日記のブログ。 30センチの箱舟は仲間を増やしつつ航海中。(でもメンバーは淡水魚w)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オトシン君、貴方また!

昨日の夜のゴハンタイムのとき、こんなところに…そこにいるのは…

最初、誰!?って思ったら先日本水槽入りしたオトシン君でした。
導入の際に、そこの隙間は通り抜けられる幅だということは確認済み。
ちなみに、ヒーターカバーとガラス面の間にあるのは、タティア挟まり防止のろ過スポンジです。
始めの5分間は、オトシン君ったらそんなところまで~、と悠長に写真まで取っていたのですが…。
5分たっても動かない。
時々もぞっと動くのですが、出てこない。
いやな予感がしてスポイトの先でつついてみました。もぞもぞ!っと動くも、やはり出てこず。

ま、まさか…、
挟まってる!?

横から覗いてみると、案の定!
変な角度でターンしようとしたのか、どうやって!?というほどきっちり、体がヒーターカバーの中へ。
大慌てでスイッチを切ってヒーターカバーをオープン!
そのまま沈んだりしたらどうしようかと思っていたのですが、まってましたとばかりに飛び出して、水槽の後ろに逃げていってしまいました…。
あけるのが簡単なカバーで本当によかった…。
ストッパーをはずすだけで開くタイプだったので、余計な負担を掛けずにすみました。
これがこじ開けないといけないタイプだったらかなり大変だったと思います。

場所的にも丁度水流の上手にいたのとヒーター本体には接触していなかったので、やけどなどもなさそうです。
でも…、よほど暴れたのかせっかく直った尾びれがぼろぼろに…(涙
体や他の部分に傷がないのがせめてもの救いでしょうか。
しばらくは放心したようにぐったりしていた(でも捕まえようとするとパニックになったように泳ぐので捕まえられず…)オトシン君ですが、今朝見たら落ち着いたのか、ガラス面をもふもふしていました。
今のところ、尾びれ以外は大丈夫そう…?

また挟まらないように、隙間を埋めたのは言うまでもありません。
また一つ、身をもって教えてくれたオトシン君でした。


早くヒレが直るといいな…。
にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログへ FC2ブログランキング(青白バナー
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

航海日誌(アクア日記) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いいえ!それはナマズです母上!! | HOME | この角度が好きv>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。