Arca ex machina -カラクリ箱舟-

熱帯魚とゲーム話と日記のブログ。 30センチの箱舟は仲間を増やしつつ航海中。(でもメンバーは淡水魚w)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こんなところでも揺られました

地震でたぷんたぷん水槽の水が動いているのを2日連続で見た結果…、夢の中でたっぷんたっぷん船に揺られている夢を見たユージカです。
地震がおきる度に水槽を見てしまう…。

揺れないに越したことはありませんが、地震大国日本。揺れない期間が長ければ長いほど…後からやってくるのは大きな揺れ、とかっていいますよね。
ものすごく大きな地震で一気に揺れがくるよりは、4くらいの地震が小分けに来るほうが断然いいです。
普通にハーレクインのこと書こうと思っていたのですが、あまりに地震が多いので、過去の経験でも書いてみようかと思います。


阪神大震災のとき、大阪でも特に揺れの強かったところに住んでいました。
我が家も例に漏れず、全員が就寝中でした。
揺れ始めの衝撃で全員一斉に目が覚め、何が起こったかもわからないままベッドにしがみついていました。
2段ベッドっぽいつくりのベッド(下にデスクとかが置けるハイタイプのベッド)だったのですが、正直、家族の顔を見る以前の記憶が曖昧です。(どれくらいで納まって、ベッドから降りたのか)
幸い家族は皆無事。父だけ、倒れてきた家具がぶつかり額にこぶ(それでもそのレベル)ができましたが、怪我といえばそれくらいですみました。

ですが、部屋はよく無事だった…と思うほどの状態でした。
あの日たまたまコタツとテレビ台を移動させていなければ倒れてきた和タンスの下敷きになった父はこぶくらいではすまなかったでしょうし、(丁度この2台が両脇にあり、その上に倒れてきたタンスが橋渡し状態で乗ったのです。おかげでそれに引っかからなかった小さい引き出し1つの直撃ですみました)揺れの方向が逆だったら、別の部屋で寝ていた母と、当時幼稚園だった弟は完全に和ダンスと仏壇の下敷きになっていたと思います。(こちらは揺れとは垂直に家具が置いてあったため、壁一面分を締めていたタンスは倒れずにすみました)

こんな感じ。
揺れ前。
茶色が和ダンス。グレーがテレビ台。薄いオレンジ(?)コタツ。
(弟側のタンスはホントは仏壇だったかも)
ちなみにこのテレビ台、たしかこの地震の少し前に壊れて、買い換えたテレビのものです。
揺れ前


揺れ後。
揺れ後

揺れの方向と倒れた家具の関係がわかると思います。
もし揺れがこの図で言う上下揺れだったら2つの部屋でまったく逆のことが起きていたと思います。
ちなみにこのタンス、上下が分離するのですが、引越し屋さんが各男性2~3人掛かりで運んでいたもの。角が直撃したコタツの天板は裏まで貫通するほどの穴が開きました。
あれを見たときには、本当にぞっとした記憶があります。もし、それが父の頭にでも当たっていたら…。さえぎるものがなかった母と弟側のタンスが倒れていたら…。
あのときの経験から、今は大きな家具はすべて普段は人があまり入らない納戸の中に集められています。

食器はほぼ全滅してキッチンはガラスの海。テレビとピアノは絨毯を押し出して部屋の隅から中央まで移動。高さ1メートル30センチほどのところにおいてあった電子レンジは2メートル以上吹っ飛んでリビングのテーブルの端を削りました。後半3つは父の部屋のタンスと同じような配置(揺れに対して水平)でした。
ピアノとテレビが倒れなかったのは、おそらく下にキャスターが付いていたため移動することによってエネルギーが吸収されたのだと思います。


家族5人、一番物が落ちてくる危険がない廊下で過ごしたあの一夜は、きっと一生忘れないと思います。

あの一瞬で学んだこと。
 ・あれほど揺れると立ち上がって逃げることはまず不可能(しがみつくだけで精一杯)
 ・家具は倒れてくる、というよりも揺れで動けないところに吹っ飛んできます。
  (固定されていなかった場合、普段考えられない角度まで傾き、揺れで戻った勢いで壁にぶつかり、その反動+揺れではじかれるようにふっとんで飛んできます)


そうなったとき、一番効果的なのは、普段から対策を立てておくこと、だとおもいます。
家具の配置とか、高いところには落ちてきたとき危険なものはおかない。一番無防備になる可能性が高い寝室には家具を置かない。倒れそうなものは固定する…などなど。
最近は揺れでは開かない食器棚とかもあるそうです。(現在はそれを使っていみたいです^^)
きちんと対策しておくことで、なすすべがない状況でも、回避できる危険はいくつもあるとおもいます。
皆さんも身の回り、一度確認してみてくださいね!
ベッドの頭上がタンス、とかテレビ…とか、もってのほかですよ~。


興味深いサイトです↓↓
防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網
http://www.hinet.bosai.go.jp/

自動で震源地などの速報を行います。


それで行くと…ベッドのそばに水槽も危険ですからね?

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログへ FC2ブログランキング(青白バナー

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記(通常・ゲーム日記) | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。